散骨について考えてみる

  • 散骨について考えてみる

    • 自分が亡くなった後のことは、だれでも一度は考えることでしょう。



      昔のように大家族で暮らしていて先祖代々の墓があり、お墓を守っていくものがいるとか、自分が入るお墓が決まっているというときは、深く考えることもないでしょう。
      しかし核家族で子供がいなくてお墓を守ってくれる人がいないとか、独身で自分の亡くなった後に入るお墓もないというときは、お墓に対する考え方が変わってきます。

      そういう人の中でいま、人気になっているのが散骨をするという方法です。
      これは海や山に散骨をするという方法です。


      とくにお墓の問題があるというだけでなく、生前海が好きだったとか旅行が好きだったので、海に骨をまいてほしいという人もいます。ただいくら散骨が国で認められたといってもどこでも散骨をしていいということではありません。


      正式に認めらえた業者がおこなうということと、場所も厳しく管理されている場所ということになります。

      あなたに合った条件のNAVERまとめの情報ならこちらで掲載されています。

      さらには、故人の希望があるということです。


      そして亡くなったあとに突然申し込むということではなくて、事前に申し込んでいくほうが、取引がスムーズにいくことが多いです。散骨にかかる費用というのはいろいろですが、大体10万前後という相場になっています。これはお墓を維持管理していく費用を考えればずっと、お得ということになりますので、今後も人気になっていくことは確実です。

      家族で将来のお墓についても早めに考えていく必要があるでしょう。



  • 基本知識

    • 人々の人生が多様化すると共に、その人生の最期も多様化してきました。ひと昔前は、人が亡くなったら火葬して、先祖代々続くお墓に埋葬するのが当たり前でした。...

  • 初心者向き社会

    • 日本国内では、古来より皇族では死体を安置する殯の宮を建築し、建築した殯の宮に遺体を基本的に3年安置した後に土葬で葬送されています。実際に昭和天皇の葬儀の際にも2カ月と極めて短期でしたが、皇室葬儀令に従って殯が行われています。...

  • 学ぼう社会の事

    • 散骨とは、墓地や霊園に入る永代供養とは異なり、遺骨を海や山といった自然の中にまく供養方法です。高齢の方の間では遺骨を散布してしまうことに抵抗が強い人も多く、一般化はしていません。...

  • 社会が気になる方

    • 日本では、現在の清水寺周辺の鳥野辺や弘法大師に由来する嵯峨野の化野念仏寺周辺、大徳寺近くの船岡山の西側一帯の蓮台野などの風葬地や鳥葬地に遺体が打ち捨てられていましたが、地域の寺社を維持存続する為の檀家制度が江戸幕府により強制され次第に墓制が定着していった経緯があります。その後、昭和23年に制定された墓地、埋葬等に関する法律や感染症法第30条の遵守により、国内では99%以上の遺体が火葬後に埋葬されてきましたが、1991年の葬送の自由を進める会が強行した海洋葬が契機となり、法務省では葬送を目的に節度を持って行う限り違法では無いとされています。...

top