散骨について考えてみる

  • 多様化する散骨の方法

    • 人々の人生が多様化すると共に、その人生の最期も多様化してきました。

      散骨の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

      ひと昔前は、人が亡くなったら火葬して、先祖代々続くお墓に埋葬するのが当たり前でした。
      しかし、最近は、「最後は自然に還りたい」「大好きな海で眠りたい」といった故人の遺志を尊重し、海に散骨する人が増えてきました。

      では実際に、海に散骨するにはどうしたら良いのか見ていきます。

      T-SITEの情報はこちらのサイトです。

      始めに火葬された遺骨を粉砕しなければなりません。

      大きさは2ミリ以下と決められていて、これを守らないと法律で罰せられます。

      自分で粉砕するのは難しいので、専門の業者にお願いするのが良いです。
      次に、実際に海に散骨する時ですが、高齢や何らかの理由で船に乗れない場合、代わりに散骨をしてくれる専門の業者もあります。


      その場合、他の方と合同という形になるので、料金も安く済みます。


      ご自分で船に乗って海に出られる場合、船のチャーターなどが必要になります。また、その際には事前に粉砕した遺骨を水溶性の袋に詰め替えておくことをお勧めします。



      ご自身の手でまくことも出来ますが、海の上ですので、その日の天候も考慮し、袋のまま海に入れてあげる事もできるからです。

      また、一緒に好きだったお花なども入れてあげると、どの方向に流れていったか、目で確認できて良いと思います。
      その際には、茎などは取って、なるべく花びらだけの方が海を汚さず、きれいです。
      また、骨をまいた場所をGPSで確認するのを忘れないで下さい。
      次にまた来たいと思った時や、その後家族が亡くなった場合、同じ場所に散骨したいと思った時ななどに必要になります。漠然と「海に骨をまきたい」と思っても、様々な方法があります。どの様な方法が一番良いのか、事前に家族で話してみることも必要です。

top